協会の活動

<今後の5つの活動指針>
① 医科学研究開発体制
・総合的情報集積と活用
・認知症関連情報の受発信
・医科学的ネットワークの形成
② 高齢社会政策提
老若協同社会の提唱(3世代・世代間の交流
・バリアバリュー社会の実現
③ 地域貢献、地域力造
初期集中支援システムの確
・人財育成・ボランティア活動の確立
④ 国際連携(グローバル対応
国際的高齢社会との連携(情報、予防、治療、福祉
・東南アジアへの展開
⑤ 事業開発(ソーシャルビジネスモデル
・予防改善療法の開発支援事
・生活改・治療法普及支援事業、教育訓練(eラーンング含む)、資格制度の新
お役立ち市場創造、健康情報リテラシィの発信



<当面の9つの事業活動>
賛助/協賛会員(主にB2B)会費募集及び支援活動
企業(特に生損保)、法人(社団、財団、民間サークル・・・)、個人篤志家による支援金
協会管理の倶楽部メンバ(主にB2C)募集とインセティブ付与、関連サービス提供、倶楽部メンバの募集、相互啓発、情報共有の場のご提供
関連イベント、セミナ、シンポジュム、ワークショップ等の開催
著名人、識者による具体的ワークショップ、研究会、ゼミ、認定講座の開設
物販、ソフトサービス紹介・販売
サプリ紹介・販売:プラズマローゲンホタテ由来等 タッチケア法(タクティール、ユマニチュード・・・)の実践法支援サービス紹介、ワークショップの開催
総合的関連情報集積とその活用によるコンサル・リサーチ及び情報発信
一般の方に活用しやすい質の高い健康情報リテラシー
情報サービス提供者と要求者との間での紹介・マッチング
関連医療機関、自治体、認知症民間施設間での紹介・斡旋。個人家庭からの問い合わせ対応(例えばオレンジ駆け込み寺・・)
啓蒙など教育支援・開催(eラーニング含む)
一般初歩者、インストラクタレベル等様々な対象者への教育。媒体、メディアの活用 認知症(度)測定、予防法、リハビリテーション、食事指導、等包括的コンサルなど
関連商品の推奨・認定
専門家集団参加による専門的公的認定・推奨評価及び認定推奨マークの発行 (ホームページ、ブログ等の発信メディア掲載の広告・宣伝:広告掲載、バナー添付等の特典)
予防・改善療法の新規開発、改善に関しての調査、委託研究
先端的、先駆的予防法、施術法、測定法等に関して、関連団体、企業、個人への支援