2019年2月16日第5回セミナーの御礼

2月16日(土)、四ツ谷TKP会場にて、宮浦清先生による
「音楽呼吸法」をテーマにした
(社)日本認知症改革推進協会主催の第5回セミナが無事終了致しました。
多くのご参加を賜り御礼申し上げます。ありがとうございました。

講演では、音楽呼吸法の理論と、適用事例特に最後には皆様に実際に童謡唱歌をメロディに乗せて、しかもリズムに合わせて、自然に腹式呼吸の深い体験して頂き、大変良かったとのご好評を多数いただきました。

今後さらに充実したセミナ、ワークショップの開催、そして5月には関連のDVDが2巻愈々発刊されます。
是非ご期待ください。

 

第5回認知症改革セミナー開催のお知らせ

セミナーのご案内をさせて頂きます。 ♪♪♪♪
♪日時;2月16日(土)14時30分~16時40分(開場14:00)
♪場所;TKPスター貸し会議室四谷(四ツ谷駅四谷口徒歩2分)
講師;宮浦 清先生(作曲家、サキソフォニスト、呼吸法研究家)
♪演題;
「音楽呼吸法と認知症予防・改善」
    ~役立つ音楽呼吸法とは何か?音楽で楽しめる体験会付き!

今回のセミナーでは、開発者でもああ宮浦清先生に「音楽呼吸法」の理論と実践を紹介して頂きます。先生は呼吸法研究家、サキソフォニスト、作曲家、「音楽呼吸法」の創案者です。

認知症、MCIが、今後益々大きな社会的課題となり、その解決策が国家レベルでも嘱望されてきています。
今回のセミナーでの「音楽呼吸法」は、音楽と呼吸法を一体化させ、実行性、継続性、そして改善効果にも画期的な体系的手法であります。

詳細は以下のチラシをご覧頂き、是非ご参加賜りますようお願い申し上げます。

(社)日本認知症改革推進協会 副理事長
医事・医療ジャーナリスト 松尾厚二郎 拝

お申し込みは以下でお願い出来れば幸いです。
k-matsuo@mx5.mesh.ne.jp
のメール宛に「参加」と書き送信お願い致します。
広報担当松尾の携帯;090-7262-5798
またはチラシ下欄に必要事項ご記入の上FAX送信を
宜しくお願い致します。

新年懇話会のご報告

2018年1月29日開催の「新年懇話会」のご報告を致します。
お陰様で、約40名の熱心な方々にご参加賜り誠にありがとうございました。
特に藤野先生のご講演では、
①MCI(軽度認知症)の方にも、ホタテプラズマローゲンサプリの効果があるとの臨床試験結果について、医学誌に掲載されたこと、
②1日1mg(2錠)の摂取が従来好ましいとされていたのが、当初のみ2週間の服用で血中濃度が上がり、一般的にその後は0.5mg(1錠)で、効果が担保されることが治験でも確かめられたことの報告がなされました。
(つまり1か月間のサプリ費用が、従来標準とされてきた半額で済むことになるとの朗報です)

これら関連論文は、別途、本ホームぺージに掲載いたします。

熱演中の藤野名誉教授
(予定時間が急な出張の為短縮されたことお詫び致します)

設立記念シンポジウムの結果ご報告

 11月27日(月)のシンポジュウム開催結果のご報告です。
80名強の多くの方々に
参加賜り、誠にありがとうございました。
今後ともご支援のほど
宜しくお願い申し上げます。

<シンポジュウム開催結果の概要>
・野口哲英理事長(10分);開催のご挨拶
・松尾副理事長(30分);(社)日本認知症改革推進協会(JDRA)のご紹介
・斉藤理事(15分);基調講演演題の背景及び竹内先生のプロフィール
・竹内孝仁教授の基調講演(80分)
・懇親会(60分)

「一般社団法人日本認知症改革推進協会(日認協:JDRA)」は、
2017年4月に発足し様々な活動を開始させていただいております。
その決意と、協会の活動状況、今後の取り組みをご説明させていただきました。

松尾副理事長による協会概要説明の資料を、以下に掲載します。
2017.11.23PDF最新版A日本認知症改革推進協会のご紹介

自立支援介護の理論提唱者で、業界権威の竹内孝仁教授(国際医療福祉大学大学大学院)に、”認知症を治すケアーその理論、実践、成果”の演題でご登壇いただきました。
内容は、臨床事例紹介、治療手段として以下の4つを重視しているとのことで、確かに目からうろこの思いを持ちました。
①水 ②食事 ③排泄 ④運動
特に水は、1500~1800cc/日を、キチンと摂取することを強調されていました。

 

講演会後の交流会での集合写真。
竹内先生中心に皆さん良い顔をされていますね。